「陶業時報(10/5)」に momoco bear展 掲載

9/15〜24に賞美堂本店 東京店にて開催した「momoco bear展 〜手のひらから生まれる物語〜」の様子を10/5(金)の陶磁器業界紙「陶業時報」に掲載いただきました。

 

 

 

▼momoco bear WEBサイトはこちらからどうぞ

momoco bearに込められた思い、各製造元のこだわりをご覧いただけます。

http://momocoarita.com/index_jp.html

 

▼momoco bearのお求めはこちらのオンラインショップからどうぞ

ご自宅のインテリアとして、結婚・出産のお祝いギフトにも人気です。

https://shop.shobido-honten.com/?mode=grp&gid=1927728

 

====================================
株式会社 賞美堂本店

〒844-0024
佐賀県西松浦郡有田町赤坂卸団地
TEL:0120-42-5101(フリーダイヤル)
FAX:0955-42-2180
営業時間 10:00〜17:00(月〜金)

 

有田焼・其泉窯・和食器の通販・販売 賞美堂本店オンラインショップ

https://shop.shobido-honten.com/

 

秋刀魚皿

日頃より賞美堂本店オンラインショップをご利用いただき誠にありがとうございます。

 

秋の味覚の代名詞、秋刀魚がおいしい季節になりました。

 

◆秋刀魚皿をはじめ焼き魚向けの特集はこちら

https://shop.shobido-honten.com/?mode=grp&gid=1928659

 

 

本日は秋刀魚の塩焼きを盛り付ける際のお悩みを解決する記事をお送り致します。

 

今が旬の秋刀魚。

まるごと一匹を焼いた場合、皆様はどのようなお皿に盛り付けていらっしゃいますか?

 

一匹まるごとだとわりと大きな秋刀魚。

 

おいしそうに焼けたところでお皿盛り付けると・・・

 

 

はみ出てしまった。

 

 

そんな経験ありませんか?

 

ご存知の方も多いと思いますが、実は秋刀魚を盛り付ける専用の「秋刀魚皿」という器が存在します。

 

その秋刀魚皿をに盛り付けると・・・

 

 

このとおりぴったり収まります。

 

 

でも、「秋刀魚のためだけのお皿を買うなんて、ちょっともったいない。」と感じてしまいますよね。

 

ところが

 

秋刀魚皿はとても多機能です。

 

オードブルを盛り付けたり

 

 

お寿司に

 

 

お刺身にも使えます。

 

また、形状が長方形ですので食器棚に収納する際の収まりも抜群です。

 

 

◆この秋にお勧めの秋刀魚皿をはじめ焼魚向けの特集はこちら

https://shop.shobido-honten.com/?mode=grp&gid=1928659

 

 

====================================
株式会社 賞美堂本店

〒844-0024
佐賀県西松浦郡有田町赤坂卸団地
TEL:0120-42-5101(フリーダイヤル)
FAX:0955-42-2180
営業時間 10:00〜17:00(月〜金)

 

有田焼・其泉窯・和食器の通販・販売 賞美堂本店オンラインショップ

https://shop.shobido-honten.com/

 

momoco bear 窯元特集〜川崎精一〜

9月1日に発売が開始されたmomoco bear。 有田焼の手仕事によって一点一点手作りされたフィギュアには、製造を行う窯元や作家のこだわりがたくさん詰まっています。 そうしたこだわりをお伝えすべく、momoco bear窯元特集と題して作り手の特集記事をシリーズでお届けいたします。

 

今回はmomoco bearの「桜」を手掛けた陶芸作家・川崎精一さんを特集致します。

 

「陰刻」という独自の技法による作品が高く評価されている川崎精一さん。

有田窯業大学を卒業後、大手窯元での勤務を経て独立。

現在は個展を中心に活動をされています。

 

色彩に頼らず彫刻のみで、モチーフとなるものそのものの造形の美しさや雰囲気を表現した作品は見る者の心を魅了してやみません。

 

 

「陰刻を始めて20年近くになりますが、もっといいものを作りたいという気持ちは常にあります。」と話す川崎さん。

 

 

弊社からmomoco bearの依頼を受けた際の印象について伺ってみたところ

「面白そうだなって思いました。フィギュアに彫ることは初めての経験なのですが、新しくなにかをやってみることは自分の表現の幅を広げることにもなりますから。」と語る川崎さんからは、常に自身の作品を高めていきたいという気持ちを強く感じます。

 

フィギュアに彫刻することは初めてだったという川崎さんですが、momoco bearの制作にあたってはmomoco bearそのものが持っている世界観や雰囲気は壊さないようにしながらも、自身の作風を表現できるよう構図の決定には特に注意を払ったそうです。

「普段のご自身の作品とは違うものに彫刻されるので難しくなかったですか?」という問いに

「楽しかったですよ。『もっとこうしたら良くなるかも』っていろいろ考えながら制作したのでやりがいがありました。」

と笑って答えてくださいました。

 

「もっといいものを」

川崎さんのものづくりへ対する真摯な思いは、momoco bearに見事な桜となり表現されています。

 

 

 

◆川崎さんによるmomoco bear【桜】はこちらから

https://shop.shobido-honten.com/?pid=134347291

 

 

◆川崎さんの作品はこちらから

https://shop.shobido-honten.com/?mode=grp&gid=1926314

 

====================================
株式会社 賞美堂本店

〒844-0024
佐賀県西松浦郡有田町赤坂卸団地
TEL:0120-42-5101(フリーダイヤル)
FAX:0955-42-2180
営業時間 10:00〜17:00(月〜金)

 

有田焼・其泉窯・和食器の通販・販売 賞美堂本店オンラインショップ

https://shop.shobido-honten.com/

 

 

 

「momoco bear」佐賀空港、伊萬里百貨店で10、11月限定登場

この度、直営店舗以外の佐賀県内2箇所にて、「momoco bear」の期間限定展示・販売をさせていただくこととなりました。

期間はどちらも 10/1〜11/30 です。

お近くにいらした際は、ぜひお立ち寄りください!

 

 

◆伊萬里百貨店 ←伊万里駅直通の新たなオシャレスポットです!

https://www.imari-hyakkaten.jp/

 

 

鍋島藩窯 市川光山窯作の息をのむ momoco bearも展示しております。

 

期間中に楽しいワークショップも計画中です!

 

 

◆九州佐賀国際空港

http://www.pref.saga.lg.jp/airport/default.html

 

・1F到着ロビーのショーケースにて展示。到着されたお客様をお出迎えします。

 ベーシックな momoco bear 7体がずらり!

 

 

・2F出発ロビー「SAGA空港一番館」さんにて、ご購入いただけます。

 ※中段右側、下段は香蘭社様の商品です。共同スペースにて展示しております。

 

 

▼momoco bear WEBサイトはこちらからどうぞ

momoco bearに込められた思い、各製造元のこだわりをご覧いただけます。

http://momocoarita.com/index_jp.html

 

▼momoco bearのお求めはこちらのオンラインショップからどうぞ

ご自宅のインテリアとして、結婚・出産のお祝いギフトにも人気です。

https://shop.shobido-honten.com/?mode=grp&gid=1927728

 

====================================
株式会社 賞美堂本店

〒844-0024
佐賀県西松浦郡有田町赤坂卸団地
TEL:0120-42-5101(フリーダイヤル)
FAX:0955-42-2180
営業時間 10:00〜17:00(月〜金)

 

有田焼・其泉窯・和食器の通販・販売 賞美堂本店オンラインショップ

https://shop.shobido-honten.com/

「佐賀新聞(9/19)」に momoco bear 掲載

9/1に販売開始した、賞美堂本店の磁器製フィギュアブランド「momoco」を9/19(水)の「佐賀新聞」に掲載いただきました。

 

▼オンラインはこちらからご覧いただけます。

https://www.saga-s.co.jp/articles/-/276872

 

 

 

▼momoco bear WEBサイトはこちらからどうぞ

momoco bearに込められた思い、各製造元のこだわりをご覧いただけます。

http://momocoarita.com/index_jp.html

 

▼momoco bearのお求めはこちらのオンラインショップからどうぞ

ご自宅のインテリアとして、結婚・出産のお祝いギフトにも人気です。

https://shop.shobido-honten.com/?mode=grp&gid=1927728

 

====================================
株式会社 賞美堂本店

〒844-0024
佐賀県西松浦郡有田町赤坂卸団地
TEL:0120-42-5101(フリーダイヤル)
FAX:0955-42-2180
営業時間 10:00〜17:00(月〜金)

 

有田焼・其泉窯・和食器の通販・販売 賞美堂本店オンラインショップ

https://shop.shobido-honten.com/

momoco bear 窯元特集〜やま平窯元〜

9月1日に発売が開始されたmomoco bear。

有田焼の手仕事によって一点一点手作りされたフィギュアには、製造を行う窯元や作家のこだわりがたくさん詰まっています。

そうしたこだわりをお伝えすべく、momoco bear窯元特集と題して作り手の特集記事をシリーズでお届けいたします。

 

今回はmomoco bearの「sumi black」「suger white」「mica gold」を手掛けた有限会社やま平窯元を特集致します。

 

今年創業45周年を迎える有限会社やま平窯元は、近年独自の技法「エッグシェル」を用いた商品が注目されています。

「エッグシェル」は、100年ほど前に途絶えてしまった「卵殻手」という技法を独自の製法で再現したものです。

エッグシェルすなわち卵の殻のように薄く繊細な生地と独特のテクスチャーは、従来の有田焼にはない新鮮さと驚きに溢れています。

 

 

「伝統的なものを大切にしながら、新しいものに挑戦していきたい」と語るのは有限会社やま平窯元代表取締役の山本さん。

 

 

弊社が初めてmomoco bearの製造を依頼するために山本さんの元をたずねた際の印象を「ついに賞美堂が新しいことに動きだしたと感じた」と振り返る山本さん。

 

弊社から「白・黒・金」のmomoco bearの製造を依頼したところ「せっかくやるなら『やま平』でしかできないmomoco bearを」と快諾してくださいました。

山本さんは「エッグシェル」が持つ独特のテクスチャーをmomoco bearに表現するため製造過程で様々な工夫を凝らしています。

通常より粒子の細かい原料を使ったり、焼締めた上で長時間の研磨を行うのもそのひとつです。

 

そうして生まれたmomoco bearは、いわゆる「やきもの」とは思えない手触りに仕上がっています。

 

====================================
株式会社 賞美堂本店

〒844-0024
佐賀県西松浦郡有田町赤坂卸団地
TEL:0120-42-5101(フリーダイヤル)
FAX:0955-42-2180
営業時間 10:00〜17:00(月〜金)

 

有田焼・其泉窯・和食器の通販・販売 賞美堂本店オンラインショップ

https://shop.shobido-honten.com/

 

「momoco bear展 〜手のひらから生まれる物語〜」開催

このたび賞美堂本店 東京店において、磁器製フィギュアブランド「momoco」リリースを

記念し、「momoco bear展 〜手のひらから生まれる物語〜」を開催いたします。

 

↑中央の作品が もち川幸範氏の作品です。(樹脂製)

 もちっとしたフォルムと独特の表情が魅力です。

 

momoco bearのボディデザイナーである造形作家 もち川幸範氏の作品とともに、

有田焼の様々な加飾を施されたmomoco bearを一同にお楽しみいただける展示会です。

作家作品の一点物も手にとって間近でご覧いただけます。

 

ぜひお立ち寄りください。

 

***

momoco bear展 〜手のひらから生まれる物語〜

同時開催:造形作家もち川幸範 作品展
 

会期:2018/9/15(土)〜24(月・祝)

   月〜土 10:00〜19:00 日・祝 10:00〜17:00
 

場所:賞美堂本店 東京店

   〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-1 帝国ホテル本館 地下1階

   [日比谷駅A13出口より徒歩3分 ]

     TEL.03-3592-6455

 

本展示会に関するお問い合わせ:蒲地 亜紗  TEL.0955-42-2261 

 

 

▼momoco bear WEBサイトはこちらからどうぞ

momoco bearに込められた思い、各製造元のこだわりをご覧いただけます。

http://momocoarita.com/index_jp.html

 

▼momoco bearのお求めはこちらのオンラインショップからどうぞ

ご自宅のインテリアとして、結婚・出産のお祝いギフトにも人気です。

https://shop.shobido-honten.com/?mode=grp&gid=1927728

 

====================================
株式会社 賞美堂本店

〒844-0024
佐賀県西松浦郡有田町赤坂卸団地
TEL:0120-42-5101(フリーダイヤル)
FAX:0955-42-2180
営業時間 10:00〜17:00(月〜金)

 

有田焼・其泉窯・和食器の通販・販売 賞美堂本店オンラインショップ

https://shop.shobido-honten.com/

 

「西日本新聞 佐賀県版(9/2)」に momoco bear 掲載

9/1に販売開始した、賞美堂本店の磁器製フィギュアブランド「momoco」を9/2(日)の「西日本新聞 佐賀県版」に掲載いただきました。

 

▼会員登録されている方はこちらからご覧いただけます。

http://qbiz.jp/article/140095/1/

 

掲載記事

 

▼momoco bear WEBサイトはこちらからどうぞ

momoco bearに込められた思い、各製造元のこだわりをご覧いただけます。

http://momocoarita.com/index_jp.html

 

▼momoco bearのお求めはこちらのオンラインショップからどうぞ

ご自宅のインテリアとして、結婚・出産のお祝いギフトにも人気です。

https://shop.shobido-honten.com/?mode=grp&gid=1927728

 

====================================
株式会社 賞美堂本店

〒844-0024
佐賀県西松浦郡有田町赤坂卸団地
TEL:0120-42-5101(フリーダイヤル)
FAX:0955-42-2180
営業時間 10:00〜17:00(月〜金)

 

有田焼・其泉窯・和食器の通販・販売 賞美堂本店オンラインショップ

https://shop.shobido-honten.com/

磁器製フィギュア「momoco bear」販売開始

創業70年を迎える賞美堂本店は、さきに北米最大の展示会「NY NOW」で発表したフィギュアブランド「momoco(モモコ)」のファーストコレクション「momoco bear(モモコベア)」を9/1に販売開始いたします。

 

「momoco」は、“手から手に届けたい有田焼のフィギュア”をコンセプトにインテリアのコレクションアイテムとして展開する賞美堂本店の新ブランドです。有田焼の「手」仕事により作られたフィギュアを大切な人の「手」に届けたい、というテーマのもと、立ち上げました。

第一弾では、世界中で縁起の良いモチーフとして愛される「クマ」に、有田焼の伝統的な柄や技術を注ぎ込み全17種を製作しました。

 

英語では「bear」が、「生む」「育てる」「耐える」という意味を持つことから、子孫繁栄や子どもの健やかな成長、苦難を乗り越える、などの願いを込めて、「クマ」は結婚祝い、出産祝い等のお祝いの品として贈られてきました。

テディベアに代表されるように、その愛くるしいフォルムは人々に安らぎと癒しを与えてくれます。

 

シンプルでモダンなクマから、ち密な伝統文様まで、様々な表情のクマがいますので、ライフスタイルに合わせて選ぶ・集める楽しみを感じていただけますと幸いです。

 

法人のお客様向けには、オリジナル柄、コラボレーション作品のご相談も承っております。ぜひお気軽にお問合せください。

 

 

momocoの特設サイトもご覧ください。

 

=====================

 

momoco bear 製作関係者の皆様

■ボディデザイン

 造形作家 もち川幸範(NHK教育「いすのまちのコッシー」造形ご担当)

■型・生地製作

 北川美宣窯

■各シリーズ製作

 創作絵師 華仙

 鍋島藩窯 市川光山窯

 日本工芸会正会員 川崎精一

 金善製陶所

 副久製陶所

 貴祥窯

 やま平窯元

 

企画・販売:賞美堂本店

 

====================================

株式会社 賞美堂本店


〒844-0024
佐賀県西松浦郡有田町赤坂卸団地
TEL:0120-42-5101(フリーダイヤル)
FAX:0955-42-2180
営業時間 10:00〜17:00(月〜金)

 

有田焼・其泉窯・和食器の通販・販売 賞美堂本店オンラインショップ
https://shop.shobido-honten.com/ 

其泉について パート1

 

日頃より、賞美堂本店オンラインショップをご利用いただき、誠にありがとうございます。

 

さて本日はよくお客様からご質問を頂戴する「其泉」についての記事です。

 

『其泉』ってどう読むのですか?」

私が店舗に立っていてよく頂戴するご質問のひとつです。

 

正解は「きせん」と読みます。

 

創業者の生みの親の戒名の中にあった「其泉」と、育ての親の俳号「竹亭阿雀」が名の由来のため、其泉のロゴには上部に竹の絵が入っています。

また「其泉」には「人・モノ・金」を生み出す勢いあるブランドとなってほしいという先代会長のおもいも込められています。

 

 

お陰様で「其泉」ブランドが誕生して28年。「其泉」は多くのお客様方に認知して頂き、今日もまた新たなお客様との出会いが生まれています。

 

なかなかに読みづらい字ではありますが

これからもどうぞ「其泉」をよろしくお願い申し上げます。

 

次回は其泉についてパート2

賞美堂本店と其泉の関係についてもう少し詳しくご紹介したいと思います。

 

====================================

株式会社 賞美堂本店


〒844-0024
佐賀県西松浦郡有田町赤坂卸団地
TEL:0120-42-5101(フリーダイヤル)
FAX:0955-42-2180
営業時間 10:00〜17:00(月〜金)

 

有田焼・其泉窯・和食器の通販・販売 賞美堂本店オンラインショップ
https://shop.shobido-honten.com/