momoco bear 窯元特集〜やま平窯元〜

9月1日に発売が開始されたmomoco bear。

有田焼の手仕事によって一点一点手作りされたフィギュアには、製造を行う窯元や作家のこだわりがたくさん詰まっています。

そうしたこだわりをお伝えすべく、momoco bear窯元特集と題して作り手の特集記事をシリーズでお届けいたします。

 

今回はmomoco bearの「sumi black」「suger white」「mica gold」を手掛けた有限会社やま平窯元を特集致します。

 

今年創業45周年を迎える有限会社やま平窯元は、近年独自の技法「エッグシェル」を用いた商品が注目されています。

「エッグシェル」は、100年ほど前に途絶えてしまった「卵殻手」という技法を独自の製法で再現したものです。

エッグシェルすなわち卵の殻のように薄く繊細な生地と独特のテクスチャーは、従来の有田焼にはない新鮮さと驚きに溢れています。

 

 

「伝統的なものを大切にしながら、新しいものに挑戦していきたい」と語るのは有限会社やま平窯元代表取締役の山本さん。

 

 

弊社が初めてmomoco bearの製造を依頼するために山本さんの元をたずねた際の印象を「ついに賞美堂が新しいことに動きだしたと感じた」と振り返る山本さん。

 

弊社から「白・黒・金」のmomoco bearの製造を依頼したところ「せっかくやるなら『やま平』でしかできないmomoco bearを」と快諾してくださいました。

山本さんは「エッグシェル」が持つ独特のテクスチャーをmomoco bearに表現するため製造過程で様々な工夫を凝らしています。

通常より粒子の細かい原料を使ったり、焼締めた上で長時間の研磨を行うのもそのひとつです。

 

そうして生まれたmomoco bearは、いわゆる「やきもの」とは思えない手触りに仕上がっています。

 

====================================
株式会社 賞美堂本店

〒844-0024
佐賀県西松浦郡有田町赤坂卸団地
TEL:0120-42-5101(フリーダイヤル)
FAX:0955-42-2180
営業時間 10:00〜17:00(月〜金)

 

有田焼・其泉窯・和食器の通販・販売 賞美堂本店オンラインショップ

https://shop.shobido-honten.com/

 

コメント